2005年06月29日

デジカメ購入記念《tomo》

念願のデジカメ購入〜!
アユの手ぶれしないヤツを買ったぞ!
これでsinの写真を撮りまくるぞ〜!!

…とは言っても休みの俺と違ってsinはまだ会社なので、代わりに以前sinが買ってくれたフィギュアをパチリ。
spider.jpg
ぅおお、かっけぇ!スパイダーマンマジかっけぇ!!
これ、何がいいかって関節が60箇所以上も動く。
そしてどんなポーズを撮ってもかっこよくキマる所がすごい!

例えばこんな恥ずかしいポーズでも
gets.jpg

う〜ん、カッコイイ。

そしてsin世代(失礼)用にももう一枚。
iyami.jpg

う〜ん、やっぱりカッコイイ。

ご満悦で寝室の棚の上に飾ってあるんだけどこれは俺のかなりのお気に入りだ。
(ちなみにもうひとつのお気に入りゴジラフィギュアはsinの意向によりトイレに飾られている…合掌)
こういう話をsinに熱く語っても聞いているようで聞いてくれてない気がするので、ここぞとばかりにブログで語る俺(笑)

それにしても一番恥ずかしいのは変なポーズを取らされたスパイダーマンじゃなくて
面白ポーズで「ゲッツ」しか思い浮かばなかった俺のセンスだよな…。

…ダンディファンの方ごめんなさい…。


posted by tomo at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年06月29日

sinの寝ている隙に《tomo》

ブログデザインを変更して驚かす。
……予定だったのだが、帰ってくる前に俺がテストしていた画面を偶然見てしまったらしくすでにバレていた。作戦失敗。

「大人の男のカフェスタイル」は今日で卒業。
今度は特にテーマは決めず、黒くてかっこよさげな感じを目指して。
帰宅前の電話でsinはまた手放しで褒めちぎってくれたけど、その時はまだガタガタにデザイン崩れてたのに(笑)

sinは本当に俺のすることなら何でも気に入るらしい。
…なんて書いたらまた「tomoはわかってない」とか俺が恥ずかしくて何も言えなくなるようなことを言いだすんだろうけど。
sinに褒められるのはすごく嬉しいけど、褒められすぎてそれ以上に照れ臭い。
なんでかわからないけどもの凄く恥ずかしくなってしまう。
俺がこうやっていろいろと頑張るのは全部sinに喜んで欲しいから。
sinの喜ぶ顔を見れば俺も天にも昇るほど嬉しくて幸せになる。
でもsinはいつも俺の予想を軽々と上回るほど喜んでくれて、なおかつ俺を天狗になりそうなくらいおだててくれる。
そしてsinに「すごい!カッコイイ!お前はデキる男だ!!」なんておだてられていつも俺はご機嫌になってしまうのだ。

我ながら単純だ(笑)
posted by tomo at 02:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2005年06月26日

sin的見解《sin》

tomoの多忙が少し緩和されたと思ったら
なんか途端に恥ずかしい記事を立て続けに書いてますが…。

俺、恥ずかしかったから記念日の婚姻届のことは書かなかったのになぁ(笑)
けど共感してくれる方が居て良かった。
安心しました。

袋に入れてお守り、って言ったけど…お守りっつか…。
俺のお守りって言うよりも
それをtomoに持たせておくとちょっとは虫除けになるかと(笑)
だってアイツ、自分では「モテない」なんて言ってるけど
絶対モテないはずがないんだもん。

カッコイイし、可愛いし、優しいし。

でしょ?(笑)

なので、俺の念を込めた婚姻届を持たせておくのだ(笑)
怖ぇ、俺(笑)



サファリパークのデートはマジで愉しかったです。
tomoは二人きりでいちゃいちゃを期待していたみたいだけど、
それはもう隣からビシバシ伝わってきてたけど(笑)
色っぽい方向に話題が行かなかったのは
実は俺がそういうふうにコントロールしていたからなのだ(苦笑)

だってさ、途中でtomoにスイッチ入って、その後のコースすっ飛ばされて、せっかくのデートが中断になって、そしてホテルに拉致られるの嫌だったし、
もっと嫌なのはサファリの園内を暴走して茂みに突っ込んで、サファリの獣の皆さんに見守られながら襲われでもして、そしてレンジャーに恥ずかしい現場を押さえられて保護されるのも嫌だったし。
どっちも、有り得ない…と笑えない所があるからな…。
前、デートをブッチしてホテル行きになった事があったような記憶がある。

だけどコースも終盤になって出口の扉が見えてくると、俺も気を許してしまって
つか、やっぱり俺もtomoとらぶらぶしたいのはやまやまなので
結局…その…tomoが書いてる通りになってしまいましたが(笑)

とにかく愉しく充実した一日でした。
また行こうな。
頑張って休み、もぎ取るぞー。
posted by sin at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | LOVE

2005年06月25日

sinとデート《tomo》

昨日は久し振りに休日を合わせて一緒にお昼間デートに出かけた。

※sinは昼のことを「お昼間」と言う。
それがsinの柔らかい雰囲気に合ってて俺はすごく好きなので、最近では俺もsinといる時は「お昼間」って言葉を使っていたりする。
sinも「スゲェ」がうつるって記事に書いてたけど実は俺にもsinの言葉が浸透していたりするんだな。
これを書くまで普通に思ってたけど、なんかいいな。恋人同士って感じだ。
……つい脱線(笑


初めてのサファリパークデート。
子供の頃に一度行ったきりだったからすごく楽しかった。
その時は乗ってた車が園内で使われているものと同じでマイカーでの入園はお断りされちゃったんだけど、今回はそれもバッチリOK。
やっぱ二人きりで気兼ねなくいちゃいちゃ会話したいもんな。
でも結局色っぽい会話などなく、ぐうたらに寝そべってるライオンが休日のsinみたいだとか、sinの友達が猿に襲われた話とか、キリンやラクダは上の前歯がないとかチーターと豹の見分け方とか、お互いテレビの動物番組から得た知識を披露合戦してたりして。
結局俺はチーターと豹の見分け方は覚えていたんだけど、どっちがどっちだか忘れてて完敗(笑)
(ちなみに顔に黒い縦縞があるのがチーター…だと思います。断言できない所が情けない…)

それでもコースの出口が近付く頃にはなんとなくそんな雰囲気になってきて…帰りにホテル寄ってもいいとお許しをいただけた時にはもう俺の気持ちのメーターはMAX振り切れてました。
駐車場でこっそり…じゃなくてど真ん中に車停めてキスしたけど、そんなことしたらいつも怒るsinも昨日は欲しかったみたいで素直でした。
そんでもってキスがエロかった(笑)
…単に周りに人がいないのを知ってただけかもしれないけどね。

その後ホテルに篭もって久し振り(実際は久し振りでもなかったけどそう感じた)の濃厚なエッチ。
最高でした、sinご馳走さま。

あ〜どんだけsinが可愛かったかノロケたいなぁ〜、でも他の人にsinの可愛い姿を暴露するの勿体ないよなぁ〜…なんて「知りたくもないわ!」とツッコミ入れられそうな悩みを抱えている俺なのでした。
posted by tomo at 15:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年06月23日

忙しさの後に…《tomo》

俺の仕事の忙しさの後に残ったものは、俺に対するsinの不信感(笑)
忙しさが一段落したのは一昨日くらいなのだが、事後処理だの用事だので昨日の朝から晩まで携帯の電源を入れられなかったのだ。
(俺達はラブラブなので毎日昼間のひとことメールと夜のカエルコールはできるだけ欠かさないようにしている)
落ち着いた日にsinには即そのコトを告げて、また忙しくなるまではsinのコトだけ考えてるよって愛の言葉も囁いた。
が、sinはそうとう過敏になっていたようで、今日のメールに

「また仕事忙しいんだろ?なんとなくわかる」

だなんて寂しそうに書いてきた。
もぅ本当におばかさんで可愛い。
残念ながらsinのその予想はハズレてます。
まぁ忙しいと言えば忙しいけどな。

sinのこと考えるのに。

てな訳で俺はいつも通りの俺に戻ってます。
忙しい時でもsinを愛してる気持ちは全く変わらないんだけどね?


……とか書いてたらsinからメール。
今日は早く帰れるかもって言ってたのに、俺が「早く帰ってこい〜っ」って強請った後の返事が「仕事が終わるかわかんないから」。



……あれ?何なの?目からしょっぱい水が…_| ̄|○
posted by tomo at 21:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年06月23日

Anniversary2《tomo》←俺も合わせてみた

唐突だが俺はsinと結婚したいと思ってる。
いや、書類を役所に提出できないだけでしている…と胸を張って言い切りたい。

これ以上愛せる人はいないと思ったからプロポーズだって3回したし、指輪も贈った。
何故結婚したいかについてsinを目の前にトクトクと語った夜もある(笑)
プロポーズしたのは半年経った頃だっけ。
sinに関してはまさに恋に「落ちた」と言う表現がピッタリだ。
今まで一目惚れなんて有り得ないと思ってたし、そんな短い付き合いで相手の何が解るんだよ?…なんて思ってたけど、実はお互いが同じ気持ちで解り合おうとすればそういう事も可能なんだと知れたのはsinのお蔭。

で、1周年記念日にsinがくれたものは…。
posted by tomo at 19:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | LOVE

2005年06月18日

おパンツ後日談《sin》

パンツを買ってもらった次の日、
仕事から帰って早速買ってもらったパンツを開けてみたくて
紙袋を逆さまにばらばらと膝の上にパッケージをぶちまけた。

あれ、なんか数が多いぞ。

俺が買ってもらったのは5つのはず。
なのにパッケージは7つ。

tomoも自分の分を知らない間に買ったのかなって思って
どんなの買ったんだ、と一つ一つ手に取ってみていくと、
なんと残り二つはシースルーのスケスケおパンツとTバックだった…。
しかも黒。
そして何故かサイズは俺サイズ……。

これはさりげにこういうのを穿いてくれって訴えてるのか?

何を考えとんじゃ。
俺はこんなん穿けへんっつの。
俺は清純派なんだっつの。

ほんとはコットン100%のトランクスが一番ラクで好きだけど、
一応年下の恋人と一緒に暮らしてるんだから、と
気を使って(?)ブランドのボクサーを穿いてるんだ。
スケスケやTバックは…そこまでサービスはできん(笑)
つかtomoには似合っても俺にはムリ(笑)

どうすんだよ、勿体ない。
だからキミは無駄遣いが多いって叱られるんでしょ。
どうせtomoの事だからレシートなんてすぐ捨てちゃってるんだろうし
あったとしても、他のと交換してもらうって言ったら
ヤダヤダって駄々捏ねそうだし…。
(あ、想像したら可愛い)←ダメ。

どうすんのよ、俺っ!…続くっ!
ってラ○フカードになっちゃうだろ。

ぃや、続きません。
なんとかします。
posted by sin at 17:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | LOVE

2005年06月13日

昨日tomoにおパンツを買ってもらった(笑)《sin》

忙しいtomoの代わりに頑張って記事を書くぞ。(…多分嘘)

昨日、tomoにおパンツを買ってもらったんだ。いいだろう(笑)
最近なんか買う時sinばっかり払ってるから
お返しになんか買ってやるって言ってくれたから
俺ばっかり支払ってる意識は無かったけど、
嬉しかったし、せっかくなんで
夏用のパンツを買ってもらうことにした。
下着ね。

俺は外にひびかないヌーディな色味の、足を通す所がカットオフになってて
穿き心地がラクチンそうなのが気に入ったんだけど
tomoは「色気がない」の一言でそれを嫌がるのだ。
で、穿き口のゴムが黒で身頃が白って言うのを勧めてきたので
お気に入りを手放したくなかった俺は、2枚買ってくれ、と強請ったら
「5枚でも6枚でも夏用の買っとけ」って太っ腹な所を見せるから
大抵の男の例に漏れず買い物が嫌いな俺は
ついでに済ませられればラッキーと思って、あと何枚か選んだ。
そこはデパートだったのでブランドもんしかなくて
始めは「遠慮が無くて可愛いのぅ、ほうほうどれどれ」なんて
金持ちジジイの愛人みたいな口調で上機嫌だったtomoだが
HOMとバーバリーとヒューゴボスのを選んで渡したら顔が攣った。
続きを読む
posted by sin at 17:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | LOVE

2005年06月12日

忙しいのである《sin》

tomoが。

で、

俺はと言うと…


寂しいのである_| ̄|○


………情けねえ。

ここでこんな事を書いたら、tomoが気にするとわかっていながら
ごめんよ。

でもこういう場合、
あんまり平然としてられるのも寂しくて
寂しがられると、申し訳なくなってしまう。
反対の立場もあるのでよくわかる。
なので素直に寂しいと言っておこう。

別に顔を合わす時間が極端に減ったとか、
毎日仕事で帰ってこない、って言うんじゃないんだけども。
tomoも書いてたとおり、一緒に過ごしていてもtomoの頭の中が100%俺だけが占めてるんじゃないことがわかって寂しいのだ。

で、

どうなるかというと、
tomoが仕事で遅くなる日、今までなら「こんな日くらいは早く寝ておこう。いつも夜更かしするから」と一人のベッドは寂しいながらも、早く寝るようにしていた。
だのに、最近は一人のベッドになかなか入れなくて、ぐずぐずしてしまって
挙げ句の果てに「おやすみ」の声が聞きたくなって携帯に掛けてしまうんである。

あぁ…女々しいなぁ…。

それをtomoは「可愛い我が侭」っつって包んでくれるけど。

……ま、いいか。
tomoも乳離れできない、とか書いてたし。(ちょっとばか)

取り敢えず、寂しさを紛らわせるために
俺の特等席は「隅っこ」じゃなく「真ん中」にしやがれ、と八つ当たり的文句を言っておこう。
posted by sin at 16:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年06月07日

Anniversary(tomo)

遅ればせながら5月の終わりに一周年を迎えました。
やったね俺、おめでとう俺、ありがとうsin。パチパチ拍手〜(笑)
早いものでsinと出逢ってもう1年です。
思い返せばこの1年いろいろとあったけど、ケンカが3回(もっとあったっけ?)しかなかったのはスゴイ。
うん、「ラブラブ優等生」だな俺ら。

で。

sinの記事で散々書かれてるからもうバレてると思うけど、そう…

実は俺、記念日男なんです。

…これ自分で言うとものすごく恥ずかしいな…。

と言うかイベント大好き。
春は花見、夏は七夕、秋はきのこ狩り(うちは毎日きのこ狩り)、冬はクリスマス。誕生日にバレンタインにハロウィン…etc.etc.
当然出逢った日なんかは恰好なイベント日なのである。
でもsinが言うほど俺はキザなんじゃないぞ。ベタベタな演出はするけど…。
男としてやっぱりそういう日はそういう雰囲気に持ち込みたいワケで…ってここでそんな下心をバラすのもアレでソレだけどさ。
そういう訳で記念日の俺は演出男に変身するのです(笑)

反対にsinはそういうのに無頓着っぽくて、俺達はとってもバランスが取れてたりする。
sinはされる一方で気にしてるみたいだけど、俺としてはそういうの好き勝手に計画させてもらえて実は楽なんだけどね。

…と思っていたが!今回は!今回はっ!!
いつもは「記念日〜?」とぽややんぽややんしている(俺的イメージ)sinが俺にとってはすごく嬉しいものを用意してくれていた。
もう俺、鼻血でそうなくらい嬉しくて嬉しくて、代わりに鼻水出しといたけど本当に嬉しかった。
思い出しただけで興奮するし、語ると絶対長くなる自信ありなのでまた改めてながながと書き綴ることにしよう(笑)


俺にとっては世界一可愛いsin。
来年もラブラブで記念日迎えようね。
2年目もよろしくお願いします。
posted by tomo at 19:52 | Comment(2) | TrackBack(1) | LOVE

2005年06月05日

忙しいのである(tomo)

ブログの更新が滞っているのは決して三日坊主ではないのです。
…なんて言い訳を先に書いてる時点で怪しいと自分でも思う(笑)
最近は仕事が忙しくてなかなかのんびり記事を書いている時間が取れない。
ブログ書いてる時間があったらsinといちゃつくもんな。
でもやっぱりブログを更新していない間にいろいろ嬉しいコトもあったりして、それを書き留めておきたいんだけど隣にいるsinもかまいたい。

…ああ、俺が二人いればいいのに…。

と不毛なコトも考えてみたが、どうせ俺が2人いてもsinの取り合いになって3人でいちゃつくハメになるだけだから即却下。

俺はどうも脳みその容量が少ないようで、仕事が忙しくなるとそればかりに気を取られてしまう。
前にも書いたけどsinは繊細な人だからそういうのに敏感に反応してしまうんだ。
俺が普段と全く変わらない態度を取っているつもりでも、仕事に没頭すると素っ気無くなるって前から感じていたらしい。
やっぱりsinには隠しごとできない。

今はとても寂しい思いをさせてるけど、一段落ついたら何かsinの喜ぶコトをしてやろう。
何がいいかな…なんて今度はsinへのプレゼントに気を取られて本格的に拗ねられたりして。

寂しい思いさせててごめんな。
でも俺の心の隅っこド真ん中にはsinの為の特等席があって、sinはいつもそこにいるからね。


…そうだ、愛車の助手席に『sin専用』ってプレートでも貼っといてやろうかな(笑)
posted by tomo at 02:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年06月02日

Anniversary《sin》

先日、出逢って一周年の記念日を迎えた。

贅沢して温泉旅館に泊まって、浴衣着て紫陽花の咲く庭を散歩したんだ。
そしたらtomoは途中の東屋に記念の品のボトルを仕込んでいてさ。
白いリボンの掛かったブルーのボトルに日付とちょっと恥ずかしい愛の言葉が刻んであったり。
これと同じボトルを貰うのはこれで3本目。

一番最初は、3ヶ月の記念日だった。
デートした時にやけにtomoがめかし込んでるから、始めtomoだって気づかなくてさ(笑)
俺は記念日なんててんで頭になくて普段着(笑)
したらオシャレしまくりなtomoにこれを渡されて、
思いがけなかったから嬉しくて不覚にも泣いちゃったよ、俺(笑)

2回目は6ヶ月記念日に豪華客船の寝室に…これは書くのも恥ずかしいセッティングでしこまれてたっけ(笑)

俺のtomoはさ、人を喜ばせる仕掛けを考えるのが得意なんだよ。
キザなシチュエーション作りや台詞もお手の物だしさ。
またそれが嫌味じゃなく似合ってるから、男の俺でもクラクラくんの(笑)

俺は関西出身の男だから、どうしてもキザな事ができなくてさ。
自分がそういうのするのってすごく恥ずかしいんだ。
これからはちょっと恋人を見習おうとは思ってるんだけどさ。
だってやっぱり男でも嬉しいからさ(笑)

そうして3本目を貰って、またリビングに飾るわけだけど。
これから毎年1本ずつ増えていくんだよな…?(勝手に貰うって決めつけてる/笑)

俺は将来、tomoと二人で住む家を設計しようと思ってるんで、
その時にこのボトルをその家のどこかに、何かとして使いたいな。
ただ単に飾るだけになるかも知れないけどさ。
その時が楽しみだ。

これからtomoと二人の歴史が増えていくんだな。
なんか…しみじみ嬉しい。
改めてtomoに出逢えて良かったと思う。
かけがえのない存在を俺にくれた奇跡に感謝する。
そして何よりtomoが俺の傍にいてくれることに。
幸せを有難うな、tomo。
そしてこれからもよろしく。


…このまま書いてたらまたtomoの自慢と愛の垂れ流しになるから、このくらいにいといてやるか(笑)
え?もうなってる?(笑)


posted by sin at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | LOVE

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。