2006年02月08日

元旦の記事が正視できないわけですが。《tomo》

大口叩いていきなり記事が滞っていたり…俺ってば_| ̄|○

大した理由はないんだけど、ただブログ書くのがめんどくさいのです。
暇があるならその時間中ずーっとsinをかまっていたいのですよ。
ま、sinも俺も仕事があるんでそうも言ってられないんだけど、俺は趣味が「sin」なので(笑)
他にも趣味はあるけど一番ハマってるのはやっぱりsinかな。
生態観察したり、触れ合い広場(という名のリビング)でスキンシップしたり、時には食事や風呂のお世話をしたり…いや、楽しいのなんのって。
一年経ったら落ち着くよ、なんて付き合い始めた頃に俺が言ってたらしいんだけど、本人全く覚えてない上に落ち着くどころか逆にヒートアップしてたりする(笑)
今は家にいるのがなにより一番楽しいのです。

で、ブログも趣味?のひとつなわけだけど、優先度はかなり低い状態…。
でも個人で楽しんで書いてるものなのでそれで構わないと俺は思ってはいるんだけど、なにせsinが一番ここの更新を楽しみにしてくれているのでやっぱり喜ばせてあげたいと思うんだよなぁ。
最近惚れた方が負けっていう言葉をしみじみと噛み締めてます。

でも更新速度鈍くなんのはsinのせいだぞ、とちょっとだけ責任をなすりつけておく(笑)


posted by tomo at 14:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | LOVE

2006年01月03日

どうやら…《tomo》

「寂しい」とブログに書ける状態はまだそれほど寂しくないのだとわかった。
本気で寂しいとブログを開く気にもならず部屋の隅っこで膝を抱えて拗ねたくなるのだ。


……俺もう28なのに……_| ̄|○


でもでも、sinが予定を一日早めて帰ってくるらしいので復活!!
昼からニマニマ笑いが止まらない。
我ながらものすごく単純だと思うけど、そんな俺がアホで可愛いと自分で自分を褒めておく(笑)

さーて風呂入っとくか。
posted by tomo at 16:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | LOVE

2005年12月29日

マゾップル?《tomo》

最近sinに怒られるとちょっと嬉しい。

「もう、だらしないなtomoは」とか

「何やってんだキミは」とか言われると

(*´Д`)こーんな顔になってちょっとハァハァする。やばい。

そうそう、最近sinは俺のこと窘める時「キミ」って言うんだよな。
「お前」って呼び方で怒られるとちょっと嬉しいだけなのに
「キミ」って呼び方で怒られるとちょっと燃え(萌え?)るのはなんでだろ?
他人行儀だから?

そういやsinも前に言ってた。
俺が待ち合わせの時に知らない人のふりして近付いてくるとドキドキして燃えるって(笑)

例えそれが演技でも、距離が開くと縮めたくなるんだろうか?

妄想してみる。

例えば新しい取引先に挨拶へ行ったらsinがいた。
俺に気付いたが何食わぬ顔で他人行儀な挨拶をして名刺交換などする。


……ぅん、やっぱりなんかムラムラするぞ(笑)
あの澄ました仮面を剥がしてやりたい、今すぐに!とか思って興奮する。
あ、そんな時に勃起したらやばいな…今からそんな場面を繰り返し想像して慣らしておくか。
なんてどうでもいいアホな想像はおいといて。

sinも前に俺に怒られると嬉しい時があるって言ってた。
sinはMだから怒られて喜ぶんだと思ってたけど(失礼)
…もしかして俺らマゾップルだったらいやだよなぁ_| ̄|○
posted by tomo at 17:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | LOVE

2005年12月27日

ケンカの原因《tomo》

仕事が一段落ついてから突入したマジゲンカ。
久し振りのケンカは随分と長引いてしまったんだけど、結局の原因は俺にあったみたいで…。

俺はずっとsinがヘソ曲げてて長引いてるんだと思ってました…。

ああぁぁぁ、すんませんすんません!_| ̄|○

きっかけはどっちも悪いんだけど、その後は俺のイライラがsinに伝わって、sinがナーバスになってるのを見てまた俺がイラついて…の無限ループ。
そりゃ終わらないって話です。
んでも結局偶然だけど自分がイラついてるコトに気付けたんで良かったし、それに気付いたら割とあっさり元通りのラブラブに戻れて…本当に良かった(笑)

結局のところ俺は、sinに対してどんな言葉を掛けても不安とか寂しさを拭ってあげられなかった自分の無力さにイラついてたみたいなんだけど、そりゃ俺がイラついてるせいでsinが不安になってんだから何しても無理ってなもんで…。
あのままギクシャクが続いたらほんとどうしようかと思ったな。

sinごめんね。

でも愛してるのは変わらないんで、ケンカ中も別れるだのはまったく頭になかったのが自分でも思い返してちょっと嬉しかったり。
…とか真面目にいろいろと考えてたら、ウチのsinさんのブログに「おっぱい星人」だの「ち○こ星人」だの書いてあるんですけど……脱力_| ̄|○

ま、そんな記事書けるほど幸せってコト…で…??
posted by tomo at 20:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | LOVE

2005年09月21日

俺ってヘンタイ…?《tomo》

最近sinと一緒にオンラインゲームで遊んでるのは何度か記事でも書いてるんだけど、実はそのおかげで自分でも知らなかった萌えツボを発見してしまった…。

文字でのやり取りって普段の会話とは違ってくるのな。
ゲーム内では文字で会話のやり取りをしてるんだけど(もちろん隣にいる時は普通に喋る/笑)それでは顔が見えないのでメールでも恥ずかしくてあまり使わなかった「v(ハートマーク)」を使ったりもしている。
…ぁ、今ちょっと自分で自分を羞恥プレイ(笑)

んで、だ。
この前sinに「○○ちまちゅか〜?(笑)」って聞いたんだ。
これは普段でもたまに揶揄いを含めて口にしたりもするんだけど…それにノッてくれたsinが

「ちまちゅv」

……………。
……………………。
………………………………ブハッ!!(鼻血の音)

マジで画面の前で悶絶した。ゴロゴロした。

あ ま り に も 可 愛 す ぎ て。

ああ、そうさ確かに俺らは10代から見ればオッサンさ。
でもなぁ俺の恋人は…俺の恋人は…めちゃめちゃ可愛いんじゃーーーーーー!

…って誰に訴えてんだ俺は…つーくらい激しく身悶えた(笑)
で、何がヘンタイかって…オッサンの赤ちゃん言葉に萌えてる俺だ。
自分でもそれってちょっとヘンタイっぽいんじゃないかと…(笑)
確かに思い返してみると前から眠い時とか酔っ払った時とかのsinの舌足らずな喋り方に弱かった。
しかしこんなにクるとは思ってなかったんだよな〜。

最近ではsinも俺が身悶えるのが面白いようでわざとそんな言葉を使って煽ってきたりする。
昨日はゲーム内でメシ食わせたら

「んまんまv」

って…いやね、いやね!こうして冷静に文字で見ると俺だって「何言ってんだオッサンが…」って冷ややかな目になるコトはわかる!わかるんだが!!
……なんでか可愛いんだよぉ〜〜〜(ゴロゴロゴロ)
でまた俺がゴロゴロしてsinに笑われての繰り返し。

もうすぐ寒くなるけど相変わらず俺(俺ら?)の頭は春爛漫です。
…脳みそ沸いてるとも言うけどな。
posted by tomo at 09:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | LOVE

2005年09月04日

朝起きて《tomo》

唇がヒリヒリするな〜と思ったら、寝る前のちゅうしすぎでした。

以上、今日のノロケおしまい(笑)
posted by tomo at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | LOVE

2005年08月27日

こんな恥ずかしい記事の連続攻撃の後に《sin》

俺はどんな顔して出てくりゃいいんだよ。
この後に書く俺の身にもなれ(笑)
覚えてろ。
後でtomoの恥ずかしいこと暴露してやる(笑)


なんだかんだとブログ更新を離れている間に
tomoは好き勝手恥ずかしいことを書きまくってくれてますが…_| ̄|○


ひとつ、言い訳をさせて下さい。
遡って「二人の始まり」の一文なんですが。
「素ボケで可愛い」なんて書かれていますが。
違うんです。違うんですよ、奥さん。

まず俺も出会い系の掲示板に募集を書くのは初めてで。
というのも俺が本当に好きになれるのは女性より男性なんだって
そのころ漸く気が付いたものだから
どうやって相手を見つけて良いのかも解らず
男同士の恋愛については右も左もわからないまま
だけど一緒にいて安らげる相手が欲しいと切実に思って
「恋人募集」として載せてみたわけです。

でも歳も歳だし返事が来たらラッキーくらいの気持ちでした。
だって募集記事の周りを見回せば、20代が殆どだし、
18,19って子もいっぱい居るし、
こんな30過ぎのオッサンなぁ…って感じで…。
まあ蓼食う虫も居たワケなんですが…(笑)コイツ→tomo(笑)
まず年齢に食いついてるヤツが(笑)

それもそのときは年齢制限「30歳以上の方」にしようかって迷ってたんですよ。
結局、ただでさえ来ないだろう応募を自ら狭めるのもな、と「25歳以上」にしたんですが、
あのとき30歳以上にしていたら当時26歳のtomoとは出逢えてなかった訳です。
それも微妙な選択結果が引き寄せた大きな縁だなぁ、と思います。
で。
posted by sin at 13:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | LOVE

2005年08月21日

sinが実家から帰ってきてから《tomo》

今までずっといちゃこらいちゃこらいちゃこらして過ごしている訳ですが(笑)

遅い盆休みを満喫している俺。
昨日はたまたまメールの整理をした。
つっても受信フォルダからsin専用フォルダへ移動させるだけなんだけどね。
(一緒に暮らしてんのに専用フォルダ作ってる辺りが自分でもヤバいくらいのメロメロ度だな…)
いや〜なんかもうね、このブログも相当恥ずかしい自覚あるけど昔俺がsinに送ったメール…かなりヤバい。
「お前正気か!目を覚ませ〜!!」ってくらい自分で見ても恥ずかしさに鳥肌が立つような言葉を平気で並べてた。
…まぁ、今でもたまにsinが愛しすぎて口説きモードのスイッチが入ることはあるんだけど、そんな時のsinの反応がまた堪らな…とと、脱線(笑)

いろいろと読み返してみて、付き合い始めた頃の顔見るだけでドキドキしてた気持ちとか思い出してなんだか一人で甘酸っぱくなってしまった。
連鎖するように初めてキスした時の事を思い出して…でも初エッチの記憶はというと緊張してたのかかなりおぼろげで。
いっぱいいっぱいだったんだな、と思ったら自分のことだけど微笑ましくなってしまった。
今では誰が見てもエロ親父以外のなにものでもないけど(笑)

つーか送ってるメールの内容は全部「sin愛してる」だよ…マジで恥ずかしいな俺…_| ̄|○
いや、今でも必ず文末には「愛してる」の文字が入ってたりすんだけど……、ていうか進化して「ちゅ〜」とかまでやり取りしあってるな…そういえば。
なんだ、恥ずかし具合は変わってないのか。
たぶん以前のメールを恥ずかしく感じるのは、これでもかこれでもかと情熱的にsinを求めているのが伝わってくるからなんだろうな。
青かった(笑)

それでも、ある日のメールに書いてあった言葉。

単純なのも涙もろいのも頑固なのも、たまに妙に男らしい所(笑)も年寄りな所もエッチな所も、優しくて素直で甘えたな性格も…とにかく何でも、それがsinなだけで全てが愛おしい。

この気持ちだけは今も全く変わらない。

一番恥ずかしかったメールのタイトルは…
posted by tomo at 21:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | LOVE

2005年08月02日

2人の始まり《tomo》

気付いたらブログを一週間放置してました。
やっぱゲーマーにゲームを与えちゃいかんよsin…サルになるから。

んで、恥ずかしい記事を書くと宣言して自らハードルを上げてしまった俺ですが…_| ̄|○
せっかくなので思い出すと恥ずかしく甘酸っぱい気持ちになる、sinとの出逢いをここに記しておこうかなと思います。
(違う恥ずかしさを期待していた方スミマセン)

俺とsinが出逢ったのは去年の5月、実は出会い系サイトで俺がsinの書いた記事を見つけたのが始まりでした。

ある夜なんとなくネットの海をウロウロとしていた俺。
たまたま見つけた出会い系サイトがあって「へぇ、こんなとこあるんだ…」と興味本位でサイトの中に入ってみた。
その時は恋人が欲しいとか恋愛したいとか全く考えてなくて、ほんとに何気なく覗いたって感じだったんだけど…ズラーッと並んでいる募集記事の中にsinの記事があったんだ。それもたまたま一番上に。(更新してすぐだったらしい)
親父好きな俺はsinの年齢に食いついて記事の詳細を見てみたんだけど……、これも一目惚れっていうのかな?そこには文章だけなんだけどモロ俺好みだってわかる書き込みが。
プロフィールはテンプレートがあるのでそこに記入するだけなんだけど、今でもすごいと思うのはそれだけでsinの人柄が滲み出てたってことだ。
真摯で穏やかな書き込みで、アピール欄(って言うのかな?)に書いてある文章も丁寧に推敲してあるんだろうな…って、気遣いの伝わる文章だった。
その瞬間強く思ったのは「この人を逃したら後悔する!」ってので、今思うとなんでそんなに自信があったのか不思議なくらいフラれるとかは考えてなかったんだよな俺(笑)
で、それまで恋愛とかまるで考えていなかった俺だけど即メールを書いてsinに送った。

返事がきたのは次の日だったっけ?
メールは思ってた通りの優しい文章で、とても穏やかで落ち着いた大人の雰囲気だった。
(今思えばsinはかなり猫被ってた/笑)
その時のやり取りでかなり印象深かったのは、俺が「すぐに返事もらえて嬉しい」って書いた後、sinからきた返事に

「舞い上がってて恥ずかしい」

って書いてあったこと。
なんかさ…なんか、この時もう俺はsinのことを『可愛い人』って認識していたと思う(笑)
だってすげぇ可愛いじゃん?なんかもう、素直で駆け引きとか出来ない人なんだろうなって思ったら…ヨダレ出そうなくらい俺の大好物確定。
メールのやり取りしてる段階ですでに俺はかなりsinに惹かれてた。
その後会ってみて、計算でそんなこと言える人じゃないって確信したら「やっぱこの人を手に入れたい、俺のものにしたい」って強く思って。

後からsinに聞いたところによると、初顔合わせした後の初めて(2度目?)のデートで俺は

「だって俺たち恋人になるんでしょ?」

と自信満々に言い放ったらしい…(笑)
いや、なんとなく言った覚えはあるんだけど…なんでそんなに自信あったんだ、当時の俺!
でも不思議なことにsinに断られるなんて微塵も考えてなかったんだよな。
今それを思い返してみると、実際に俺が反対の立場でその台詞を言われたらちょっと付き合いを考えてただろう。
だって怪しいじゃん?…まだお互い何も知らないのに、コイツは俺のどこを見てるんだ?とかきっと思う(笑)
でもsinはその俺の自信たっぷりな様子に呑まれたのか、そういうもんなんだ、と思ったらしい。

やっぱり素ボケで可愛い。

つーかこれを読んだら、危なっかしくてsinをあまり外に出したくない俺の気持ちを解ってくれる人が一人くらいはいるハズだ。

それから何度かデートを重ねて、すぐにsinから部屋の合い鍵を貰って…半年もしないうちに同棲生活を開始。
あれからずっとラブラブで、前よりも今の方が好きって気持ちが大きくなってるのを毎日実感してる。
「愛してる」とか「大好き」とかそんな言葉じゃ物足りないくらいsinが好きだ。
そしてそれはsinも同じで…俺たちは本当に幸せなのです。

おじいさんになるまでココにラブラブ日記を書き続けられるといいよな?
そのうち ほのぼのおじいさんのブログ とかタイトル変えてさ(笑)
posted by tomo at 19:24 | Comment(3) | TrackBack(0) | LOVE

2005年07月25日

ゲーマーへの(茨)道《sin》

昨日、初めてtomoとオンラインゲームをした。
お試し版、というヤツだ。
取り敢えず2週間。
これで俺が立派なゲーマーになったら
14日間でアナタが変わる、って
どっかのシャンプーみたいだけど(笑)

tomoは激しく(多分/笑)ゲーマーなんだよ。
だからやっぱり好きなヤツの趣味(?)には付き合ってみたいだろ?
んで、始めは敬遠してたゲームだけどtomoと一緒にならちょっとやってみてもいいかな
って思って、よく考えもしないで言っちゃったら
もう次の日には俺の出来そうなゲーム探してくれてるんだ、tomo(笑)
で、ダウンロードでさえすんなりとは行かない機械オンチな俺が
よちよちと始めた訳なんだけど…。
やはり…

キャラが動かせないよ〜〜〜〜(泣)

…俺、ゲームにはコンプレックスがあるんだよな。
とにかくカーソル操作ができないんである。
それはもう致命的に_| ̄|○
それに加えていくつもの情報を一度に処理出来ないし。
だからまともに動かせないわ、情報処理出来ないわ、色んな事覚えれないわ、でいつも挫折するのだ。

tomoが付きっきりで居てくれたけど、なんかもう己の不甲斐なさに申し訳なくてね(涙)
tomoはそんな酷くないよ、普通に動いてたよ、って言ってくれるけど、
真っ直ぐさえ歩けないんだよ?
行きたいとこにも行けないんだよ?
暴走してガンゴン壁とかにぶつけてるし。
や、マウスから指を放せば良かったんだけど、
あ、あ、あ、って言ってる間に力入って暴走してるし(笑)
(すぐさま後を追い掛けてきてくれるtomoキャラ)
そして椅子に座ったら横っちょに転んでるし(笑)
(それはそれである意味楽しいが)

そんな俺を手取り足取り付きっきりで教えてくれたtomoの優しさが
有難いやら嬉しいやら申し訳ないやら、って書いてメールしたら
ゲームしない人にとったらめんどくさいコトさせてるよな、ごめん、って
逆に謝りのメールくれる始末でさ。
なんか俺、ふいに泣けて来ちゃったよ。
tomoの優しさと、想い合うってこういう事なのかな、って思ってさ。

tomoの存在は俺の大事な宝物。
居てくれるだけで俺は幸せ。


ちなみにtomoはゲームキャラもカッコイイのだ(笑)
posted by sin at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | LOVE

2005年07月15日

赤裸々にベッドの中のお話でも《tomo》

恋人同士で性癖が異なるのはとっても辛い。
その点でも俺達はとっても円満だ…と俺は勝手に思っている。
ちょっとだけMっ気のあるsinと、ちょっとだけSっ気のある俺。
…とは言えSMプレイをしている人から見ればヌルいことこの上なくて『ごっこ遊び』のレベルだと思うけど。
いわゆるソフトSMってやつ?


もう少し赤裸々に…(閲覧注意)
posted by tomo at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | LOVE

2005年07月14日

復活!!《tomo》

ラブラブだと書いておきながらあれからまだ更にいろいろとありまして…_| ̄|○
やっとやっとブログ再開です。
sinもすっかりご機嫌なようで(仕事でいろいろとストレス溜めてるみたいだけど)
「見る度に『頑固親父』ってタイトルが目に入るのが嫌だからはよ記事書けっ」なんて言われたりもして。

やっぱね、ココには幸せいっぱいの記事を書き綴りたいワケですよ。
そりゃ生活を共にしてたらケンカしないなんてあり得ないんですけど、ケンカしても俺達は必ずラブラブに戻るので…なんていつものようにノロケてみる(笑)

自他共に認めるバカップルな俺達は人目がなければイチャイチャラブラブしまくりで、人に見せるのは申し訳ないくらい熱々なんですが…実は俺、甘えるのが苦手なんです。

…あ、今笑った?いやいやマジで(笑)

なんていうか、甘えるってどうしていいのかわからない。
甘えられるのは大好きなのでsinにされて嬉しいコトはよ〜く知ってる。なのに自分では実行できない。
なんでだろう?
たぶん嫌われる要素を極力排除したいという俺のチキンな性格なんじゃないかと自己分析してるんだけど、それでsinが寂しがるのも知っているので徐々に変わろうと努力中。
でも甘えと我が侭の境界線って曖昧で難しい…。
そんな俺でもやっぱりsinに甘えたくて我慢できない時はあって…ちょうど昨日がそんな感じだった。
帰るコールを入れてくれたsinもすぐに俺が甘えたモードになっている事がわかったみたいで、ダッシュで帰ってきてくれた。
そんで俺はたくさんたくさんsinに甘えて、いつもは俺が抱き締めて(デカいからね)寝てるんだけど昨日はsinに抱き締めてもらいながら寝た。

……最近の俺たちは2人きりだと「ぎゅー」とか「ちゅう」とかとか口走ってるバカップル具合なのでどんな状態かは察していただきたい。

ヒク?ヒクよなぁ〜、だってビジュアル的にはオッサン2人だもん_| ̄|○

女の人は赤ちゃん言葉を使う男を嫌うとか…いやさすがに「〜でちゅ」とかは言わないけど。
…あ、甘やかしてる時は言うな「sinはオネムでちゅか〜?」とか…冷静に記事にしてみると恥ずかしいくらいアホだな俺ら。
でもいいんです。2人はそれで幸せなんです。

付き合い始めてからラブラブ具合はずっとずっと右肩上がりで、常に「今が一番幸せだ」と言い切れる俺たちは本当に幸せなんだろうな。

前にsinに言われたことがある。
「甘えられるようになるまでゆっくり付き合うから」
その言葉は俺にはとても有り難くて今でも大切な宝物だ。
posted by tomo at 20:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | LOVE

2005年06月26日

sin的見解《sin》

tomoの多忙が少し緩和されたと思ったら
なんか途端に恥ずかしい記事を立て続けに書いてますが…。

俺、恥ずかしかったから記念日の婚姻届のことは書かなかったのになぁ(笑)
けど共感してくれる方が居て良かった。
安心しました。

袋に入れてお守り、って言ったけど…お守りっつか…。
俺のお守りって言うよりも
それをtomoに持たせておくとちょっとは虫除けになるかと(笑)
だってアイツ、自分では「モテない」なんて言ってるけど
絶対モテないはずがないんだもん。

カッコイイし、可愛いし、優しいし。

でしょ?(笑)

なので、俺の念を込めた婚姻届を持たせておくのだ(笑)
怖ぇ、俺(笑)



サファリパークのデートはマジで愉しかったです。
tomoは二人きりでいちゃいちゃを期待していたみたいだけど、
それはもう隣からビシバシ伝わってきてたけど(笑)
色っぽい方向に話題が行かなかったのは
実は俺がそういうふうにコントロールしていたからなのだ(苦笑)

だってさ、途中でtomoにスイッチ入って、その後のコースすっ飛ばされて、せっかくのデートが中断になって、そしてホテルに拉致られるの嫌だったし、
もっと嫌なのはサファリの園内を暴走して茂みに突っ込んで、サファリの獣の皆さんに見守られながら襲われでもして、そしてレンジャーに恥ずかしい現場を押さえられて保護されるのも嫌だったし。
どっちも、有り得ない…と笑えない所があるからな…。
前、デートをブッチしてホテル行きになった事があったような記憶がある。

だけどコースも終盤になって出口の扉が見えてくると、俺も気を許してしまって
つか、やっぱり俺もtomoとらぶらぶしたいのはやまやまなので
結局…その…tomoが書いてる通りになってしまいましたが(笑)

とにかく愉しく充実した一日でした。
また行こうな。
頑張って休み、もぎ取るぞー。
posted by sin at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | LOVE

2005年06月23日

Anniversary2《tomo》←俺も合わせてみた

唐突だが俺はsinと結婚したいと思ってる。
いや、書類を役所に提出できないだけでしている…と胸を張って言い切りたい。

これ以上愛せる人はいないと思ったからプロポーズだって3回したし、指輪も贈った。
何故結婚したいかについてsinを目の前にトクトクと語った夜もある(笑)
プロポーズしたのは半年経った頃だっけ。
sinに関してはまさに恋に「落ちた」と言う表現がピッタリだ。
今まで一目惚れなんて有り得ないと思ってたし、そんな短い付き合いで相手の何が解るんだよ?…なんて思ってたけど、実はお互いが同じ気持ちで解り合おうとすればそういう事も可能なんだと知れたのはsinのお蔭。

で、1周年記念日にsinがくれたものは…。
posted by tomo at 19:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | LOVE

2005年06月18日

おパンツ後日談《sin》

パンツを買ってもらった次の日、
仕事から帰って早速買ってもらったパンツを開けてみたくて
紙袋を逆さまにばらばらと膝の上にパッケージをぶちまけた。

あれ、なんか数が多いぞ。

俺が買ってもらったのは5つのはず。
なのにパッケージは7つ。

tomoも自分の分を知らない間に買ったのかなって思って
どんなの買ったんだ、と一つ一つ手に取ってみていくと、
なんと残り二つはシースルーのスケスケおパンツとTバックだった…。
しかも黒。
そして何故かサイズは俺サイズ……。

これはさりげにこういうのを穿いてくれって訴えてるのか?

何を考えとんじゃ。
俺はこんなん穿けへんっつの。
俺は清純派なんだっつの。

ほんとはコットン100%のトランクスが一番ラクで好きだけど、
一応年下の恋人と一緒に暮らしてるんだから、と
気を使って(?)ブランドのボクサーを穿いてるんだ。
スケスケやTバックは…そこまでサービスはできん(笑)
つかtomoには似合っても俺にはムリ(笑)

どうすんだよ、勿体ない。
だからキミは無駄遣いが多いって叱られるんでしょ。
どうせtomoの事だからレシートなんてすぐ捨てちゃってるんだろうし
あったとしても、他のと交換してもらうって言ったら
ヤダヤダって駄々捏ねそうだし…。
(あ、想像したら可愛い)←ダメ。

どうすんのよ、俺っ!…続くっ!
ってラ○フカードになっちゃうだろ。

ぃや、続きません。
なんとかします。
posted by sin at 17:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | LOVE

2005年06月13日

昨日tomoにおパンツを買ってもらった(笑)《sin》

忙しいtomoの代わりに頑張って記事を書くぞ。(…多分嘘)

昨日、tomoにおパンツを買ってもらったんだ。いいだろう(笑)
最近なんか買う時sinばっかり払ってるから
お返しになんか買ってやるって言ってくれたから
俺ばっかり支払ってる意識は無かったけど、
嬉しかったし、せっかくなんで
夏用のパンツを買ってもらうことにした。
下着ね。

俺は外にひびかないヌーディな色味の、足を通す所がカットオフになってて
穿き心地がラクチンそうなのが気に入ったんだけど
tomoは「色気がない」の一言でそれを嫌がるのだ。
で、穿き口のゴムが黒で身頃が白って言うのを勧めてきたので
お気に入りを手放したくなかった俺は、2枚買ってくれ、と強請ったら
「5枚でも6枚でも夏用の買っとけ」って太っ腹な所を見せるから
大抵の男の例に漏れず買い物が嫌いな俺は
ついでに済ませられればラッキーと思って、あと何枚か選んだ。
そこはデパートだったのでブランドもんしかなくて
始めは「遠慮が無くて可愛いのぅ、ほうほうどれどれ」なんて
金持ちジジイの愛人みたいな口調で上機嫌だったtomoだが
HOMとバーバリーとヒューゴボスのを選んで渡したら顔が攣った。
続きを読む
posted by sin at 17:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | LOVE

2005年06月07日

Anniversary(tomo)

遅ればせながら5月の終わりに一周年を迎えました。
やったね俺、おめでとう俺、ありがとうsin。パチパチ拍手〜(笑)
早いものでsinと出逢ってもう1年です。
思い返せばこの1年いろいろとあったけど、ケンカが3回(もっとあったっけ?)しかなかったのはスゴイ。
うん、「ラブラブ優等生」だな俺ら。

で。

sinの記事で散々書かれてるからもうバレてると思うけど、そう…

実は俺、記念日男なんです。

…これ自分で言うとものすごく恥ずかしいな…。

と言うかイベント大好き。
春は花見、夏は七夕、秋はきのこ狩り(うちは毎日きのこ狩り)、冬はクリスマス。誕生日にバレンタインにハロウィン…etc.etc.
当然出逢った日なんかは恰好なイベント日なのである。
でもsinが言うほど俺はキザなんじゃないぞ。ベタベタな演出はするけど…。
男としてやっぱりそういう日はそういう雰囲気に持ち込みたいワケで…ってここでそんな下心をバラすのもアレでソレだけどさ。
そういう訳で記念日の俺は演出男に変身するのです(笑)

反対にsinはそういうのに無頓着っぽくて、俺達はとってもバランスが取れてたりする。
sinはされる一方で気にしてるみたいだけど、俺としてはそういうの好き勝手に計画させてもらえて実は楽なんだけどね。

…と思っていたが!今回は!今回はっ!!
いつもは「記念日〜?」とぽややんぽややんしている(俺的イメージ)sinが俺にとってはすごく嬉しいものを用意してくれていた。
もう俺、鼻血でそうなくらい嬉しくて嬉しくて、代わりに鼻水出しといたけど本当に嬉しかった。
思い出しただけで興奮するし、語ると絶対長くなる自信ありなのでまた改めてながながと書き綴ることにしよう(笑)


俺にとっては世界一可愛いsin。
来年もラブラブで記念日迎えようね。
2年目もよろしくお願いします。
posted by tomo at 19:52 | Comment(2) | TrackBack(1) | LOVE

2005年06月02日

Anniversary《sin》

先日、出逢って一周年の記念日を迎えた。

贅沢して温泉旅館に泊まって、浴衣着て紫陽花の咲く庭を散歩したんだ。
そしたらtomoは途中の東屋に記念の品のボトルを仕込んでいてさ。
白いリボンの掛かったブルーのボトルに日付とちょっと恥ずかしい愛の言葉が刻んであったり。
これと同じボトルを貰うのはこれで3本目。

一番最初は、3ヶ月の記念日だった。
デートした時にやけにtomoがめかし込んでるから、始めtomoだって気づかなくてさ(笑)
俺は記念日なんててんで頭になくて普段着(笑)
したらオシャレしまくりなtomoにこれを渡されて、
思いがけなかったから嬉しくて不覚にも泣いちゃったよ、俺(笑)

2回目は6ヶ月記念日に豪華客船の寝室に…これは書くのも恥ずかしいセッティングでしこまれてたっけ(笑)

俺のtomoはさ、人を喜ばせる仕掛けを考えるのが得意なんだよ。
キザなシチュエーション作りや台詞もお手の物だしさ。
またそれが嫌味じゃなく似合ってるから、男の俺でもクラクラくんの(笑)

俺は関西出身の男だから、どうしてもキザな事ができなくてさ。
自分がそういうのするのってすごく恥ずかしいんだ。
これからはちょっと恋人を見習おうとは思ってるんだけどさ。
だってやっぱり男でも嬉しいからさ(笑)

そうして3本目を貰って、またリビングに飾るわけだけど。
これから毎年1本ずつ増えていくんだよな…?(勝手に貰うって決めつけてる/笑)

俺は将来、tomoと二人で住む家を設計しようと思ってるんで、
その時にこのボトルをその家のどこかに、何かとして使いたいな。
ただ単に飾るだけになるかも知れないけどさ。
その時が楽しみだ。

これからtomoと二人の歴史が増えていくんだな。
なんか…しみじみ嬉しい。
改めてtomoに出逢えて良かったと思う。
かけがえのない存在を俺にくれた奇跡に感謝する。
そして何よりtomoが俺の傍にいてくれることに。
幸せを有難うな、tomo。
そしてこれからもよろしく。


…このまま書いてたらまたtomoの自慢と愛の垂れ流しになるから、このくらいにいといてやるか(笑)
え?もうなってる?(笑)


posted by sin at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | LOVE

2005年05月25日

離れられない(tomo)

親離れ……違う。
子離れ………違うな。
乳離れ……………。
うん、乳離れ、コレだ!

こんばんは、sinから乳離れできないtomoです(真顔)

つーかね、ココで大好きな恋人とひっそり共同ブログをやっている訳ですが、たまに恋人のブログを読みに行くんです。
で、帰ってきてココで反論したり同意したり愛を語ったり愛を語ったり愛を語ったりしている訳なんですが…。
ふと気付いたんだよね。

sinのブログにコメントしてないなぁ…って。

今までもそんなにしてなかったんだけど、別にコメントもしなくたっていいんだけど…じゃあ何が気になるかって?

俺がコメントしたいんだよ。

もーやなの。sinのいる所には俺もいたいの。
とりあえず電柱見かけたらマーキングしときたい、みたいな。
とりあえずsinを見かけたら一発ヤラせろと迫っておきたい、みたいな。

「よいではないか、よいではないか」

「あ〜れ〜」

クルクルクル。

「ふふ、おぬし初物だったのか…」(煙草を吹かしながら)

みたいな?(たぶん違う)

やっぱり俺はsinから乳離れできないらしい。
…する気もないけどね。

sinも大好きだけどsinの乳も可愛いから大好きだ♥

sinへ
posted by tomo at 22:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | LOVE

2005年05月23日

最近困ったことがある。(sin)←合わせてみた(笑)

なーんて書くとtomoは今、読んで身構えてたりして。プククク。
……ぁ、やっぱり俺Sかもな(笑)


長年連れ添った夫婦って似てくるって言う。
夫婦じゃなくても長く一緒にいる恋人、友達、もしくは飼い主とペットなんてのも(笑)

まあ俺とtomoは見た目の作りがかなり違うから
外見は似ることは多分無いような気がするけど。

じゃ、なんの話しかっていうと
最近、俺、tomoの言葉がうつってるんだ。
前はもう少し堅い感じだったと思うんだけどさ、今はちょっと柔らかくなったと思う。
悪く言えば言葉が丁寧でなくなった(笑)

例えば「しちゃった」とか「マジ」とか、前は絶対使ってなかったけど
(きちんと「してしまった」って言ってたと思う)
今はすっかり自分のボキャブラリーとして定着してるような気がする。

まあこれくらいはいいんだけど、何が困るかって言うと
最近「スゲェ」って言いそうになるんだよ(笑)
家の中だけだったらいいんだけど、会社でもつい口に出しそうになって慌てる。
だって「この床素材、スゲェ良くてですね」なんてクライアントに言ったら信頼薄くなりそうだろ?(笑)

そういうわけで俺は今、湧き上がる「スゲェ」と闘ってる最中(笑)

だけどさ、大好きな恋人のものが自分の中に入ってくるって、なんか嬉しいよな。
posted by sin at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | LOVE

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。